ジャニーズWEST「Paradise」『rainboW』

6年前にはズンドコパラダイスなんて歌ってたのに、パラダイスはパラダイスでも全て英語詞のしっとりディープなラブソングを歌うようになるなんて。

関東ジャニーズと比べるとどうしても不遇になってしまう関西ジャニーズで、やっとデビューが叶うと思いきや指名されたのは4人だけ。メンバーが社長に直談判をし、7人でのデビューを果たした。ほかに例を見ないほどの絆の強さと実力でファンはずっと楽しませ続けてもらっている。でもファンは同時に、もっと評価されていい、もっと世間に魅力を知ってもらいたいとも思い続けてきた。

そして彼らはついにブレイクを迎えた、といっていいと思う。Youtubeで公開される楽曲たちの再生数も上々だし、知名度もずいぶんあがった。歌番組で歌う曲は「ええじゃないか」から「証拠」などの曲に変わりつつある。(もちろん「ええじゃないか」にも良さはあるけれど、ジャニーズWESTの魅力はひたすら明るいお兄さん、には留まらないのだ。)この間から、近くのスーパーで重岡くん、桐山くん、濵田くんの食品の広告を見られるようになった。私にとってはそれが、自分から探すことなく初めて身近な生活に現れてくれたときだったから、ああ、ついにみんなに知ってもらえたんだ、みんなのジャニーズWESTになったんだ、と嬉しくなった。さみしい気持ちはない。なぜなら彼らは自分たちのファンを誰一人置いていくつもりがないから。むしろ誇らしい気持ちだ。

と、まあつい熱く語ってしまうのだけれど、この度2021年5月5日に発売される16th Single「サムシング・ニュー」の初回盤Bにこの「「Paradise」from SPECIAL LIVE」は公開されている。オリジナルverはアルバムの『rainboW』にも収録された。

さきほども述べたようにこの曲はLove Songで、なんとあのmiletさんが作詞をされております(つい敬語)。今日はせっかくの全英語詞なのだが、1番の歌詞を翻訳してみようと思う。ではいこう。(意訳気味にやってみる。)

 

月明かり、君はどうしてそう隠れるの?/君をもっと知りたいだけなのに

ああ、言う通りだよ/かなりハイになってるみたいだ/キスしてくれたら落ち着くんじゃないかな

24時間/君の恋人になってもいい?/チャンスを頂戴/もう子供じゃないんだ

君は僕が若すぎるというけれど/絶対がっかりさせないよ、ねえ

床に落ちた野薔薇/これ以上君の秘密ではいたくない/君の心の中で咲かせてよ

paradiseを見つけたんだ/今夜こそ始めようよ/だから1,2度試させて/分からない?僕はすでに君のものなんだ

信じてよ/呼吸を止めて、魅了して、愛して、味わって/小さな指で僕を包んで

paradiseを見つけたんだ/僕だけが恋におちてるのかい?

 

いやあ楽しかった。とはいえこれは全然音はめしていない。無論音はめとなるとものすごく難易度が上がる。アナ雪のLet it goとか、何ヶ国語にも翻訳されていたけれどほんとに職人技なのだろうな。洋画のジョークをどう訳すか、という記事も読んだことがあるけれど、それも時間や字数に制限があるわけで、ものすごく難しそう。

兎にも角にも、これくらい甘く、まるで明るい夜のようなラブソングをジャニーズWESTが英語で語ってくれるのがとてもうれしい。最高と叫びたい。ありがとう。

またいつか翻訳に挑戦してみたい。今日はこの辺で。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA